2015年07月06日

7/5 「英語絵本読み聞かせワークショップ」ミニレポート

0705ws3.jpg

去る7月5日(日)、「英語絵本読み聞かせワークショップ」が開催されました。今回で3回目の英語絵本読み聞かせするときのコツや工夫をお教えし、参加者の方々と検討する会です。

まずは講師の鈴木祐子先生による読み聞かせタイム。「Bark, George」を読んでいただきました。鳴き声が他のイヌとはちょっと違う子イヌのお話。コミカルで子ども受けがよい絵本です。ページのめくり方やUnknown Word(未知語)を伝えるジェスチャーなど、あいかわらず聴衆を絵本の中に引き込ませる工夫が満載です。

22074.jpg

さて、今回のテーマは「絵本の世界をイメージしてから工夫すると?」というもので、参加者はThe Chick and the Ducklingの読み聞かせに挑戦しました。今回はわたしも参加しました! まず読み聞かせを実践する前に、「文字を見ないで絵だけを見て」、どんなお話なのか推測することからスタート。表紙から、この2羽は仲がいいのか? 男の子なのか女の子か? などと、すぐに会話が弾みました。前回も感じたのですが、すでに読んだことがある絵本でも色々な発見があり、ビックリしました。

22085.jpg

次に「絵を見ないで言葉だけを見て」イメージを膨らませていきます。この作業はけっこう難しいです(つい絵を見てしまうので)。ここでも、このセリフは過去形、ここは現在形だったんだ、改めて気づくことができました。そのあとペアの相手に対して読み聞かせをして、自分の読み方をチェック。読み聞かせをしてみると、読むことに夢中になって意外と早くなってしまうので、前回のテーマ「間の取り方、ページのめくり方」を思い出しつつ、がんばりました。最後に、今度は読み聞かせる人数を増やして、読み聞かせにトライ。絵本をみんなに見えるように持ちつつ、聞いている相手の反応をうかがいつつ、ジェスチャーや効果音を入れつつ、すべてを同時進行で英語を読むのは本当に難しい……。

0705ws2.jpg

そしてワークショップの締めとしてSomething from Nothingを読んでいただきました。このお話はユダヤ系の民話で、小学生から大人の方まで読み聞かせを楽しむことができる絵本です。鈴木先生曰く「絵本に対象年齢に下限はあっても上限はない」とのことで、何歳になっても工夫次第で、絵本は楽しむことができますよね!

22020.jpg

お天気が悪い中、参加してくださったみなさまありがとうございます!! このワークショップは今後も開催予定です。以前参加してくださった方も、新規の方も大歓迎ですので、どうぞお気軽にご参加ください。「発音が悪いから」「恥ずかしいから」などとワークショップに参加されるのを迷っているみなさま、大丈夫です!! わたしも上手くありませんから(笑)最初は自分のつたない英語を聞かせるのが恥ずかしかったのですが、次第にアウトプットすることって楽しいという気持ちになれるから不思議です。英語絵本は、やはり声に出してこそだなと思いました。

0705ws.jpg

IMG_0359.JPG


おまけ

長くなりますが、「絵本シャドーイング」について。
終わりに、鈴木先生が「絵本シャドーイング」を実践していた教室の生徒さん(子ども)の素晴らしい効果を紹介をしてくださいました。
Oxford Reading Treeのシャドーイングをしている生徒さん。発音よくシャドーイングができています。
ではこのお子さんが、英語絵本「Dear Zoo」をひとりで読んでみるとどんな感じかな?
ちなみに、Dear Zooは何回か読んだことがあるそうですが、シャドーイングの練習はしていないし付属CDも聞いたことがないそうです。
22179.jpg
そんな彼女に、Dear Zooを読んでもらうと……。
初めてでも、やはりとてもキレイにスラスラ読めているのです! ネイティブのように聞こえます。
fierceなど、彼女が知らない単語は一瞬つまるのですが、それでも推測して、発音できているのです!!

鈴木先生におかがいしたところ、彼女がひとりがスペシャルなわけではなくて、他の生徒さんたちもできるようになっているんだそうです。

子どもにもシャドーイング練習が有効なこと。

なにより発音ブラッシュアップのために絵本シャドーイング(もちろん普通のシャドーイングも)がよいことを改めて実感し、わたしもシャドーイングをやりたいというモチベートが高まりました。

posted by CosmoPier at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語の絵本クラブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/149304969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック